土日祝日のみの土地の貸付け

土日祝日のみの土地の貸付け

土地の貸付けは、次の場合を除き、原則として「非課税」となります。これは基本ですね。

  • 貸付け期間が1月未満の場合
  • 駐車場その他の施設の利用に伴う土地の貸付け

では、土地を1月以上の間、土日祝日だけ貸付けをした場合はどうでしょうか?

例えば、大型商業施設が近隣の土地を土日だけ賃借するようなケースです。

1月以上という期間だけを考えれば「非課税」と判定しそうですが、消費税法では次のように考えます。

つまり、このような場合は「土日祝日だけの貸付けを何度も繰り返している」と考えます。小難しく言えば「週2の貸付けの集合体」ということです。

したがって、このような土日祝日のみの貸付けは、週2の貸付け(1月未満の貸付け)に該当するため、課税取引に分類されます。