利子補給金の取り扱い

● 利子補給金とは?

中小企業制度融資に係る利子補給金

利子補給金とは、国や地方公共団体(県や市など)が、事業者を政策的に保護をしたり、新興をすることを目的として、事業者に低利または無利子で融資を行うときに給付される補給金のことを言います。

ちなみに、中小企業の振興を図るための利子補給金として「中小企業制度融資に係る利子補給金」があります。

● 消費税法上の取扱い

利子補給金は、事業者が借り入れた借入金の利子に充当するために交付される「助成金」であり、課税対象外収入となり、「不課税」として取り扱います。